定期健康診断のチェック項目は

健康診断の重要性に関しては、何度もお伝えしていますが、健康診断、人間ドック、半日人間ドック成人病検診などで検査される内容について具体的にお伝えします。

健康診断は、病気の早期発見、早期治療のほか、検査結果から身体の発する危険信号が察知されることで生活習慣の改善を促し、病気を予防するといった大切な役割を担っています。

現在、多くの人が健康管理のために健康診断を受けていますが、送付されてきた結果表の内容を読み取ることが難しく、本来の目的をうまく果たせていません。あの、わけのわからないカタカナやアルファベットの羅列にはホトホト嫌になりますね。

基本的な健康診断でも検査項目は多岐にわたります。
既往歴・業務歴、自覚症状・他覚症状、身長・体重・視力・聴力、画像診断検査では胸部エックス線、胃・十二指腸X線造影、喀痰検査、血圧、肝機能、

血液検査では、赤血球、血色素、白血球、血液像、血小板、血中脂質、血糖、

尿・便検査では尿蛋白、尿潜血反応、尿糖、尿酸、便潜血反応など、超音波、眼底・眼圧、心電図、婦人科検査と、実に様々な項目が並びます。

高血圧や糖尿病、高脂血症、心臓病などの生活習慣病や、成人病を早い段階で発見することを目的としてるので、癌などの早期発見には検査が不十分な面があります。

このため、市町村と保健所が協力して、早期発見に的をしぼった癌検診などを実施しています。

診断結果、「基準外」に該当した場合に、精密検査および医療機関での受診は、もちろん重要ですが、いずれの場合でも、返ってきた検査結果を正常値と見比べて、異常のある項目に関しては精密な検査を受けたり、専門家のアドバイスに従い、毎日の生活に気を配ることで、改善していく事が何より重要です。

勘違いしてはいけないのは、健康診断を受けたから、これで大丈夫ってことではありません。
あくまでも検査です。そして検査結果が良かったからと言って、一日にビールを何本も飲むような無茶をしていいということではありませんからね、くれぐれも。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。