特殊健康診断とは

一般的なデスクワークなどの事務職で働いている方には必要ないかもしれませんが、特殊な検査を受けなければならない仕事に従事されている方もいます。

今回はあなたが、そのような仕事に従事されているか?またその場合の検査内容はどのようなものがあるかについて詳しくお伝えします。

特殊な環境下で働く人が、その就労する業務が体に害を及ぼす恐れのある場合、より厳重な健康管理が必要とされます。

そのため危険有害業務に従事する人々を対象に実施されるのが、特殊健康診断です。

各々、法令や行政指導に基づき、所定期間ごとの受診が義務づけられています。

法令で定められている以下の8種があります。
じん肺健康診断、鉛健康診断、特定化学物質等健康診断、電離放射線健康診断、有機溶剤健康診断、高気圧業務健康診断、四アルキル鉛健康診断 、歯科健康診断などです。

その中でも、じん肺は、3年に1回健診。特殊健康診断個人票は、エックス線フィルムとともに7年間保存。鉛・有機溶剤は、1年に2回健診。特殊健康診断個人票は、5年間の保存が義務付けられています。

また、「VDT作業」パソコン、ワープロ操作などのVDT作業に常時従事する労働者、「騒音」等価騒音レベルが85dB(A)以上になる可能性が大きい、60作業場の業務に従事する労働者、「腰痛」重量物取扱作業、障害児(者)施設等における介護作業、腰部に過度の負担のかかる立ち作業、同腰掛け作業、同座作業、長時間の車両運転などに従事する労働者などは、行政指導により実施が奨励されています。

その他高熱作業・キーパンチャー・有害光線等も、法令・行政指導に基づく健康診断を実施しています。

なお、平成18年からは石綿「アスベスト」取扱者に対して、石綿障害予防規則に基づく健診が、義務付けられています。ぜひ、確実に実施なさるようお勧めします。

また、このような会社を経営されている経営者の方は、ご自身の会社の従業員をぜひ、病気から守ってあげてください。お願いします。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。