健康運動指導士資格になるためには

健康運動指導士とは、心臓病をはじめとする生活習慣病・メタボを予防し、国民の健康を促進する人材として、注目を集めている資格ということは前回お伝えしたと思います。

健康運動指導士は、政府の指針により健康の保持・増進にかかわる知識スキルに基づき、安全で効果的な運動プログラムを個々人の状態、体調に応じて作成し、その運動プログラムを実際に指導することができる「運動の専門家」です。

健康運動指導士の資格取得には、東京や大阪など主要都市で年6回行われている健康運動指導士養成講習会を受講した後、健康運動指導士試験に合格し、さらに健康運動指導士台帳に登録する必要があります。

健康運動指導士試験を受ける方は、健康運動指導士テキスト、試験問題集・過去問題を重点的に勉強することをおすすめします。

合格するためには短期間に効率よくかなりの量の知識を詰め込まなければなりません。そのためにはかなりの集中が必要になると思います。

その試験内容は・・・・・
1、健康管理概論
2、運動生理学
3、栄養と運動
4、バイオメカニクスと機能解剖
5、発育・発達・老化
6、生活習慣病とその予防
7、運動負荷試験、心電図
8、運動負荷試験実習
9、運動障害と予防
10、健康づくり運動の理論と実際
11、運動指導の心理学的基礎
12、運動プログラムの管理
13、肥満の判定と評価基準
14、ストレス管理法
15、体力測定と評価
16、救急措置

などのカリキュラムで、21日間の講習会が行われ、最終日に講習内容に沿った筆記試験があります。

頑張りましょう!!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。