デューク更家さん考案のデュークズウォーク

中高年ともなると病気への不安から健康に対する意識が高まってくると思うのですが、40〜74歳の男性の2人に1人、女性の5人に1人がメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)もしくは、その予備軍であると発表されていて、その予防や改善に向けた取り組みが、注目されています。

ウォーキングドクターでもあるデューク更家さんは、健康法にはずっと前から関心があったそうです。

そして彼は、ヨガ、気功、武道、バレエ、ストレッチ、呼吸法、運動生理学などいろいろなことを自分で体験して、あらゆる健康法の長所を取り入れ、そこから誰でも簡単にできるウォーキングエクササイズを生み出しました。
それは、テレビ、ラジオ、雑誌、CMなどでも取り上げられ著書やDVDもベストセラーになりました。

その本でも案内されていますが、歩くということは特別なことではなく、ごく日常の動作で意識せずにだれもが行っていることのひとつです。

デューク更家さん考案のデュークズウォークのウォーキングをするにあたって、最初にもっとも重要になるのが姿勢です。

歩くよりも先に、綺麗にきちんと立てているかによって、ウォーキングの効果や、美しく歩けるかなど今後に大きな違いが出てクルとの古都です。

その基本となる姿勢を「仙骨を立てる」と言います。
仙骨とは骨盤の中央にあり、背骨の下端に位置する骨です。
この仙骨をきちんと立てることによって、姿勢と骨盤がリセット出来ます。

声を出しながら、手を頭上で交差させ、ひねって進むおなじみの歩き方をはじめ、下腹をすっきりさせる、代謝を上げるなど、目的に応じた体操や呼吸法があります。

デューク更家さんは、「健康のために運動は、時間をかける必要はなく、日常生活の「すき間」にやれば良い。無理すると長続きしない」などとも助言をしています。

デューク更家さん考案のデュークズウォークの詳しくは>>コチラ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。