人間ドックにかかる費用はいくらぐらい? 医療費控除は?

人間ドックの大切さ、検査項目などは以前お伝えしたと思います。

正直、そりゃ受診したほうがいいに決まっている!でも費用が・・・・って考えられるのももっともだとお思います。

ここでは、その重要なあまり人に聞けない費用、価格についてお伝えします。

人間ドックは、健康な人が利用するサービスですので、保険診療は適用されず自由診療になるということが大前提です。保険が適用されないってことです

したがいまして人間ドックの料金(価格)は、各施設・病院が独自に決めていますので、サービス内容とは関係なく、周りの医療機関と同じ料金体系であったり「地域性」が見られます。

人間ドックにおいては事実なため、同じ検査項目であっても、施設によって人間ドックの料金(価格)が違うのです。

人間ドックは、保険診療ではありません。そのためすべて自己負担になってしまいますが、人間ドックは労働基準法、労働安全衛生法で定められている健康診断に含まれているため、企業等が加入している健康保険組合によっては,年齢などの条件(35歳あるいは40歳以上)を満たせば一定額の補助金が出ることがあります。

このため、会社員の方などは一度お勤めの会社に確認してみてはいかがでしょうか。

また、人間ドックを受ける時には、「自分自身が、必要としている検査が網羅されているか」、「必要のない検査項目が多いために、料金が高めになっていないか」、あるいは「スタッフの対応が良く、快適に利用できるだろうか」など、実施機関の検査項目や、サービス内容が、自分自身の望んでいるものと合っているかを良く確認・検討することをおすすめします。

そして最も重要な問題、価格についてですが、一般的な人間ドック施設の、基本的なコースや主要オプション検査による、おおまかな料金を掲載しておきます。
・日帰りコース:30,000円〜40,000円 
・1泊2日コース:50,000円〜70,000円 
・2泊3日コース:100,000円〜200,000円  

これらはあくまで、おおよその金額ですので、詳しい料金などについては、各施設にお問い合わせくださいね。


そして、人間ドッグの医療費控除(所得控除の1つで、納税者本人または本人と生計をひとつにする配偶者やその他の親族のために、年間に一定額以上の医療費を支払った場合、その費用を所得から控除できるというもの)は、その結果次第で、対象になるかどうか変わってきます。

診断の結果、重大な病気が見つかって治療を受けたときは、その人間ドッグ費用は控除の対象となります。

しかし健康だった場合は対象外になります。人
間ドッグは比較的、高額なものが多いので、受ける前に実施機関の検査項目や、サービス内容が、受診者自身の望んでいるものと合っているかを良く確認・検討してからじゅ受診することをお勧めいたします。

これは恥ずかしいことでも何でもありません。じっくり比較検討してちょっとでもすばらしい施設で受診されることをおすすめします。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。