メタボリックシンドロームの判断基準は

内臓脂肪型肥満(内臓肥満・腹部肥満)に加えて「高血糖」「高血圧」「高脂血症」のうち2項目以上を合併した状態をメタボリックシンドロームといいます。

メタボリックシンドロームは、最近に急に言われたことではなく、実は昔から、いろいろな呼ばれ方で存在してたものが新しく名づけられたものです。

たとえば、死の四重奏、シンドロームX、インスリン抵抗性症候群、マルチプルリスクファクター症候群、内臓脂肪症候群などと呼ばれていたものを統合して「メタボリックシンドローム」と呼ぶようになりました。

ちなみにメタボリックとは「metabolic=代謝の〜」という意味で、シンドロームは「syndrome=症候群」という意味になります。

日本肥満学会によりますと、メタボリック症候群の診断基準は、お腹の周囲が男性85cm、女性90cm以上が必須。

この数値が納得できるもの、できないものというのはいろいろ賛否両論あると思いますが
女性の方が基準が緩いのは、女性は皮下脂肪が多いことに起因していると考えられます。

次に高血圧で収縮期血圧130mmHg以上、または拡張期血圧85mmHg以上の方。

または降圧薬治療中の方。高脂血症の基準である中性脂肪値が150mg/dl以上またはHDLc40mg/dL未満の方。

そして血糖値が110mg/dL以上の方の中で、2項目以上に当てはまった場合に、メタボリックシンドロームという診断になります。

この数値も改正されたりすることもあります。

メタボリックシンドロームになる原因の大部分は、生活習慣によるものが多いです。
偏食で栄養が偏っていたり、不規則な食生活をしている人は要注意です。

また、運動不足もメタボの原因のひとつなので、家で閉じこもったりせず、適度に身体を動かすことで肥満予防をすることが大事です。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。