メタボリックシンドロームのおすすめ予防方法

ではそのメタボリックシンドロームの予防のためにしなくてはいけない、またはおすすめの改善策って言うのはあるのでしょうか。

普段の予防として、食生活の改善は欠かせないですよね。

偏食したり、多くの量を食べたりせずに、バランスのとれた適切な量の食事を心がけて、食事をする時間や食べ方(早食いや大食い)などにも注意し、1日3食を規則正しく食べることが大切です。

また、内臓脂肪を減らすためには、日頃からちょっとでも体を動かす習慣を身につけておくことが重要です。

活発な運動活動を少しでも行うと、消費エネルギーが増えたり、身体機能が活性化し、血糖や脂質がより多く消費されるようになり、その結果内臓脂肪が減少しやすくなります。

そうすることにより血糖値や脂質異常、高血圧が改善されて生活習慣病の予防につながります。

喫煙は多くの有害物質を含み、健康にさまざまな悪影響をおよぼしガンや、動脈硬化を進行させ、脳卒中や虚血性心疾患のリスクも高めるので、ぜひこの機会に禁煙をオススメします。

そしてメタボリックシンドローム対策として、本質的には肥満の解消を目的にすることが一番いい予防策ではないでしょうか。

何を食べるかよりも、まず基本的には、カロリーの総摂取量を減らすことを心がけてください。

むろん血糖が上がりにくい食品を主にして、バランスの良い食事が出来ればそれが一番なのですが、なかなかそんなことを1日3食することはできません。

だから栄養学的にまだ何が体にとって良いものなのかというしっかりした証拠がなく、また栄養過多の現状では、カロリーの絶対量を少なくすることが、基本の基本になってくると思います。

減量に関しては、食事7割、運動3割と言われ、やはり食事のケアが大切です。

運動では生活習慣病の予防に役立つ健康法として、ウオーキングをオススメします。

ウオーキングのように、ゆっくりした運動ほど消費エネルギーに占める脂肪の割合が高く、効率的なのと、老若男女問わず、特別な施設や器具も必要なく、関節や筋肉への負担も少ないなど、利点が多くあります。
費用もほとんどかかりませんしね。

ぜひ、ウオーキングで肥満解消、メタボ解消、トライしてみてください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。