メタボリックシンドロームに運動をおすすめする理由

メタボリックシンドロームとは、日本語で言うと内臓脂肪肥満症となります。

メタボリックシンドロームとは内臓脂肪が蓄積することによりインスリンの働きが低下して、糖代謝異常(耐糖能異常、糖尿病)、脂質代謝異常(高中性脂肪血症、低HDLコレステロール血症)高血圧などの動脈硬化の危険因子が、起きてしまう状態のことをいいます。

食生活の改善とからだに負担の少ない運動や睡眠などで改善されると思われます。

メタボリックシンドロームは、日本で知られるようになったのは最近ですが、かなり以前からWHOには定義されています。実はWHOにより1998年に定義された病態なのです。

日本のメタボリックシンドロームの診断基準は、日本内科学会総会によって2005年に設定されました。

40歳以上の我々は、メタボリックシンドロームを気にして運動を行おうと考えるますよね。
ただし、運動や体操を行う時には、絶対無理しないようにしてください。そして体力的に不安な方や健康面を心配する方は、病院で医師によるメディカルチェックを受けることをおすすめします。

特に内科的な疾患をおもちのかたは必ず医師に相談してくださいね。

テニス、卓球、ゴルフ、水泳などもメタボリックシンドロームに対して効果があるといえますが、長期間行うことが大切なことですから、長く続けられるスポーツを選ぶようにします。

長く続けるコツ、それは好きなことを無理せずやることです。

運動中は新陳代謝が高まるので水分補給は必ずしてください。高脂血症や糖尿病などで血液がドロドロの方は運動によってはさらに増す危険があります。運動の前・中・後は必ず水分補給をしてくださいね。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。