メタボリックシンドロームの食事による改善策

メタボリックシンドロームは、今までのことを反省し食生活や生活習慣を少し改善することでメタボリックシンドロームは予防できます。

つまり暴飲暴食をつつしみ、規則正しいバランスのとれた食事を取るように心掛けることです。

よく噛みゆっくり食べるということが基本にもかかわらず、肥満の方に多いのが早食いです。ほとんど噛んでいないのではないかと思うほどです。やはり食事はきっちりと1日3度腹八分目にすることが生活習慣病を防止の近道だといいえます。

食事を取ると血中のブドウ糖が増加して遊離脂肪酸が急速に減少し脳の視床下部の満腹中枢に「食事はいらない」というサインを出します。

このサインは食事を開始してから個人差はありますが大体10分〜15分で出る仕組みになっています。

ですから早食いの方は満腹のサインが出たときはすでに遅し!必要量を越えた食事になってしまうので肥満になりやすいということなのです。

食べ物をよく咀嚼して時間をかけて食べると、ヒスタミンという成分が分泌され、満腹中枢を刺激します。

一方、早食いをしてしまうと、この満腹中枢も刺激されることなく食事が終わってしまい満腹感も得られずに過食になってしまう恐れがあります。

また、ヒスタミンの分泌は交感神経を刺激するのですが、交感神経に支配されている内臓脂肪は溶けやすくなるのです。

食べ物をよく噛んで時間をかけて食事をすると、満腹感が得られ過食防止にもなり、内臓脂肪を消費しやくすします。

このことがどれだけメタボリックシンドロームの対策になるかがわかっていただけたと思います。

メタボリックシンドロームを撃退し、健康な体になるためには、規則正しいし食生活を行うことも大切なことだと思います。

規則正しい食生活とは、朝食を抜いたりせずきっちりと1日に3食をきちんと食べることと、夜遅くに夕食を食べたりせず、適切な時間に食事を摂るということにつきますね。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。