生活習慣病について知っていますか?

以前、成人病と呼ばれていた、生活習慣病とは、日常の不摂生がたたる乱れた生活習慣の積み重ねによって引き起こされる病気です。

生活習慣病にはさまざまな病気やそれが引き金になることがあり、なくなる日本人の3分の2が生活習慣病です。

厚生労働省による定義では、「食習慣、運動習慣、休養、喫煙、飲酒等の生活習慣が、その発症・進行に関与する疾患群」とされるとあります。

生活習慣病は、遺伝的な要因もあるのですが、食生活や運動、喫煙、飲酒、ストレスなどがその原因に深く関わっています。

ということは逆に普段の生活習慣を見直し、生活習慣を改善することにより、病気を予防し、症状が軽いうちに治すことができるということにもなります。

現代社会では、さまざまな要因から生活習慣病患者および生活習慣病予備軍と呼ばれる方々は増加する一方です。

生活習慣が原因で亡くなったり疾病することは、たくさんの種類があり、どこまでが生活習慣病と定義されるのか明確な境界はないのですが、病気を理解し、健康な体を維持するためにぜひ役立てていただきたいと思います。

一般的に言われているのは、生活習慣と関連する病気生活習慣の違いが病気にも影響を与える食事、運動、喫煙、アルコールの習慣と、それに関わる主な病気をあげると、食習慣 糖尿病(成人型)、肥満症、高脂血症、痛風(高尿酸血症)、循環器病(心臓病や脳血管の病気)、大腸がん、歯周病など、運動習慣糖尿病(成人型)、肥満症、高脂血症、高血圧など、喫煙習慣肺扁平上皮がん、慢性気管支炎、肺気腫、循環器病、歯周病など、飲酒習慣アルコール性肝疾患などです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。