生活習慣病予防士とは

生活習慣病予防士とは、家族、知人や自分自身を対象としたセルフケアに関して詳しく学び、その知識をひろめ、相談に当たる仕事を受け持ちます。

生活習慣病予防士になるための講座が設けられ、そこでは食生活、ストレス対策、運動など、生活習慣病を予防するために必要な知識から、実践的なセルフケアの方法までを網羅した学習内容になっています。

生活習慣のぜひに改善をしたいと願っている人も、いざ改善するとなると何をどうしたらいいのか、自分では判断できないのが現実です。

内閣府の調査でも、改善を望む人の57%は専門家にアドバイスを求めると回答しています。

ここでいう専門家とは生活習慣病の専門医ということになりますが、予防という観点に立つと専門医でもなかなか的確にはアドバイスすることはできません。

というのは生活習慣病は、その人の生活習慣を観察して、それをデータに基づいて分析する専門性が求められるからです。

生活習慣病予防士試験の受験条件は、
1.生活習慣病予防士通学講座受講者で6割以上の出席者

2.生活習慣病予防士通信講座受講者

3.東北福祉大学予防福祉健康増進センターの講座事務局での受講者で受講修了証の取得している者

4.書類審査に合格している者となっています。

生活習慣病予防士の試験出題形式は講座使用の「生活習慣病予防士テキスト」の記述範囲から出題され解答方法はマークシートによる四者択一方式(出題数:50問程度)です。

生活習慣病予防士は、自分自身や周囲の生活習慣を客観的に観察し、生活習慣病を予防するために生活環境(食生活、ストレス対策、運動不足)を改善していきます。

また、生活習慣病について、身近な人の相談を受けることもできます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。