デューク更家さん考案のデュークズウォーク

中高年ともなると病気への不安から健康に対する意識が高まってくると思うのですが、40〜74歳の男性の2人に1人、女性の5人に1人がメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)もしくは、その予備軍であると発表されていて、その予防や改善に向けた取り組みが、注目されています。

ウォーキングドクターでもあるデューク更家さんは、健康法にはずっと前から関心があったそうです。

そして彼は、ヨガ、気功、武道、バレエ、ストレッチ、呼吸法、運動生理学などいろいろなことを自分で体験して、あらゆる健康法の長所を取り入れ、そこから誰でも簡単にできるウォーキングエクササイズを生み出しました。
それは、テレビ、ラジオ、雑誌、CMなどでも取り上げられ著書やDVDもベストセラーになりました。

その本でも案内されていますが、歩くということは特別なことではなく、ごく日常の動作で意識せずにだれもが行っていることのひとつです。

デューク更家さん考案のデュークズウォークのウォーキングをするにあたって、最初にもっとも重要になるのが姿勢です。

歩くよりも先に、綺麗にきちんと立てているかによって、ウォーキングの効果や、美しく歩けるかなど今後に大きな違いが出てクルとの古都です。

その基本となる姿勢を「仙骨を立てる」と言います。
仙骨とは骨盤の中央にあり、背骨の下端に位置する骨です。
この仙骨をきちんと立てることによって、姿勢と骨盤がリセット出来ます。

声を出しながら、手を頭上で交差させ、ひねって進むおなじみの歩き方をはじめ、下腹をすっきりさせる、代謝を上げるなど、目的に応じた体操や呼吸法があります。

デューク更家さんは、「健康のために運動は、時間をかける必要はなく、日常生活の「すき間」にやれば良い。無理すると長続きしない」などとも助言をしています。

デューク更家さん考案のデュークズウォークの詳しくは>>コチラ


スポンサードリンク




健康のためにウォーキングをしよう

健康のために意識的に歩くことを以前は散歩など言われていたことを「ウォーキング」と呼ばれるようになりましたよね。

有機酸素運動であるウォーキングは、心肺機能を高めて、体脂肪を効率よく燃焼することで、肥満や高脂血症などを解消してくれます。つまりメタボリックにも効果的だということですよね

骨太になって骨粗鬆症を防いでくれますので、メタボ防止以外にも老化防止、ダイエット、ストレス解消、ボケ防止などの、さまざまな健康効果があります。

生活習慣を見直し、ウォーキングを通して、健康維持に役立ててみてはいかがでしょう。

ウォーキング人気の理由は、いつでも、どこでも、だれとでも手軽にできて、そのうえ費用もかからない。中高年のわたしたちにはぴったりの健康法ではないでしょうか。

苦しくないし着替えもいらない。気分もよくて楽しいし、ストレス発散になる。
しかも運動不足解消にも役立つということです。

実際にウォーキングをしてみると、身が軽くなって元気が湧いてきます。
そしてよく眠れますし、便秘解消、食欲増進につながるなど、数日で効果がすぐ現れるので気の短い方でも楽しめますし、モチベーションアップにもつながります。

それを励みとして繰り返すうちに、体質が改善されて「長期効果」が出てきます。

ウォーキングは、日常生活の中でできるだけ歩く機会をつくるように心掛け、少しでも多く歩くようにします。

例えば、駅や会社などでは、エレベータやエスカレータに乗らずに歩くとか、外で昼食をとる場合は、今までのお店より遠くまで足を延ばすとか、帰宅する時は、一つ前の駅で降りて自宅まで歩くとか、買い物に行く時は少し遠回りするとか、とにかく仕事や暮らしの中で、足を使って歩こうということです。

確かひとつ駅の前から歩くことを・・・・・・・
忘れてしまいました♪

本格的に始めたい方は、今かなり高性能の万歩計など販売されていますので、そんなものも買って目標値を決めても楽しく健康維持ができると思いますよ。

スポンサードリンク



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。