メタボリックシンドロームについて厚生労働省は指針は

厚生労働省は指針のひとつとして、2008年4月からメタボリックシンドローム検診(特定検診・保健指導)を始めました。

健康保険法改正で、40〜74歳の全国民を対象に導入されることになった特定健診は当面、現行の基準でスタートした次第です。

ただ、ウエスト基準に合致しない人を見落としたりしないよう、肥満度をみる別の基準も設けていて、健康診断項目に「腹囲」測定が加わることがひとつです。

いろいろな改定で新たに加わったのが「健康保持増進対策の基本的考え方」の部分です。

厚生労働省はまた「近年における医学の進歩に伴い、心疾患、高血圧、糖尿病などの生活習慣病、およびメタボリックシンドロームについては若年期から継続した適切な運動を行い、健全な食生活を維持し、ストレスをコントロールすることにより、予防されることが明らかにされてきた」としています。

今までの健康診断では、結果を通知するだけで終わりでしたが、特定検診で、メタボリックシンドロームであると診断されると、レベルに応じて、1人20分以上の個人面談や、3〜6ヶ月の「食事や運動の支援プログラム」を受ける必要があります。

さらに、その後も、メタボリックの具合について、定期的に電話や面談で、確認するケースもあります。

また、会社や組合など健康保険者が、特定保健指導を行なう義務もでてきました。

さらに5年後に成果を判定し、メタボリックの兆候が改善されていない場合、健康保険者には財政的なペナルティが課せられることになります。

財政的なペナルティーって???
ひどい話ですよね。

スポンサードリンク




メタボリックシンドロームの判断基準は

内臓脂肪型肥満(内臓肥満・腹部肥満)に加えて「高血糖」「高血圧」「高脂血症」のうち2項目以上を合併した状態をメタボリックシンドロームといいます。

メタボリックシンドロームは、最近に急に言われたことではなく、実は昔から、いろいろな呼ばれ方で存在してたものが新しく名づけられたものです。

たとえば、死の四重奏、シンドロームX、インスリン抵抗性症候群、マルチプルリスクファクター症候群、内臓脂肪症候群などと呼ばれていたものを統合して「メタボリックシンドローム」と呼ぶようになりました。

ちなみにメタボリックとは「metabolic=代謝の〜」という意味で、シンドロームは「syndrome=症候群」という意味になります。

日本肥満学会によりますと、メタボリック症候群の診断基準は、お腹の周囲が男性85cm、女性90cm以上が必須。

この数値が納得できるもの、できないものというのはいろいろ賛否両論あると思いますが
女性の方が基準が緩いのは、女性は皮下脂肪が多いことに起因していると考えられます。

次に高血圧で収縮期血圧130mmHg以上、または拡張期血圧85mmHg以上の方。

または降圧薬治療中の方。高脂血症の基準である中性脂肪値が150mg/dl以上またはHDLc40mg/dL未満の方。

そして血糖値が110mg/dL以上の方の中で、2項目以上に当てはまった場合に、メタボリックシンドロームという診断になります。

この数値も改正されたりすることもあります。

メタボリックシンドロームになる原因の大部分は、生活習慣によるものが多いです。
偏食で栄養が偏っていたり、不規則な食生活をしている人は要注意です。

また、運動不足もメタボの原因のひとつなので、家で閉じこもったりせず、適度に身体を動かすことで肥満予防をすることが大事です。

スポンサードリンク




生活習慣病について知っていますか?

以前、成人病と呼ばれていた、生活習慣病とは、日常の不摂生がたたる乱れた生活習慣の積み重ねによって引き起こされる病気です。

生活習慣病にはさまざまな病気やそれが引き金になることがあり、なくなる日本人の3分の2が生活習慣病です。

厚生労働省による定義では、「食習慣、運動習慣、休養、喫煙、飲酒等の生活習慣が、その発症・進行に関与する疾患群」とされるとあります。

生活習慣病は、遺伝的な要因もあるのですが、食生活や運動、喫煙、飲酒、ストレスなどがその原因に深く関わっています。

ということは逆に普段の生活習慣を見直し、生活習慣を改善することにより、病気を予防し、症状が軽いうちに治すことができるということにもなります。

現代社会では、さまざまな要因から生活習慣病患者および生活習慣病予備軍と呼ばれる方々は増加する一方です。

生活習慣が原因で亡くなったり疾病することは、たくさんの種類があり、どこまでが生活習慣病と定義されるのか明確な境界はないのですが、病気を理解し、健康な体を維持するためにぜひ役立てていただきたいと思います。

一般的に言われているのは、生活習慣と関連する病気生活習慣の違いが病気にも影響を与える食事、運動、喫煙、アルコールの習慣と、それに関わる主な病気をあげると、食習慣 糖尿病(成人型)、肥満症、高脂血症、痛風(高尿酸血症)、循環器病(心臓病や脳血管の病気)、大腸がん、歯周病など、運動習慣糖尿病(成人型)、肥満症、高脂血症、高血圧など、喫煙習慣肺扁平上皮がん、慢性気管支炎、肺気腫、循環器病、歯周病など、飲酒習慣アルコール性肝疾患などです。

メタボリックシンドロームの食事による改善策

メタボリックシンドロームは、今までのことを反省し食生活や生活習慣を少し改善することでメタボリックシンドロームは予防できます。

つまり暴飲暴食をつつしみ、規則正しいバランスのとれた食事を取るように心掛けることです。

よく噛みゆっくり食べるということが基本にもかかわらず、肥満の方に多いのが早食いです。ほとんど噛んでいないのではないかと思うほどです。やはり食事はきっちりと1日3度腹八分目にすることが生活習慣病を防止の近道だといいえます。

食事を取ると血中のブドウ糖が増加して遊離脂肪酸が急速に減少し脳の視床下部の満腹中枢に「食事はいらない」というサインを出します。

このサインは食事を開始してから個人差はありますが大体10分〜15分で出る仕組みになっています。

ですから早食いの方は満腹のサインが出たときはすでに遅し!必要量を越えた食事になってしまうので肥満になりやすいということなのです。

食べ物をよく咀嚼して時間をかけて食べると、ヒスタミンという成分が分泌され、満腹中枢を刺激します。

一方、早食いをしてしまうと、この満腹中枢も刺激されることなく食事が終わってしまい満腹感も得られずに過食になってしまう恐れがあります。

また、ヒスタミンの分泌は交感神経を刺激するのですが、交感神経に支配されている内臓脂肪は溶けやすくなるのです。

食べ物をよく噛んで時間をかけて食事をすると、満腹感が得られ過食防止にもなり、内臓脂肪を消費しやくすします。

このことがどれだけメタボリックシンドロームの対策になるかがわかっていただけたと思います。

メタボリックシンドロームを撃退し、健康な体になるためには、規則正しいし食生活を行うことも大切なことだと思います。

規則正しい食生活とは、朝食を抜いたりせずきっちりと1日に3食をきちんと食べることと、夜遅くに夕食を食べたりせず、適切な時間に食事を摂るということにつきますね。

メタボリックシンドロームに運動をおすすめする理由

メタボリックシンドロームとは、日本語で言うと内臓脂肪肥満症となります。

メタボリックシンドロームとは内臓脂肪が蓄積することによりインスリンの働きが低下して、糖代謝異常(耐糖能異常、糖尿病)、脂質代謝異常(高中性脂肪血症、低HDLコレステロール血症)高血圧などの動脈硬化の危険因子が、起きてしまう状態のことをいいます。

食生活の改善とからだに負担の少ない運動や睡眠などで改善されると思われます。

メタボリックシンドロームは、日本で知られるようになったのは最近ですが、かなり以前からWHOには定義されています。実はWHOにより1998年に定義された病態なのです。

日本のメタボリックシンドロームの診断基準は、日本内科学会総会によって2005年に設定されました。

40歳以上の我々は、メタボリックシンドロームを気にして運動を行おうと考えるますよね。
ただし、運動や体操を行う時には、絶対無理しないようにしてください。そして体力的に不安な方や健康面を心配する方は、病院で医師によるメディカルチェックを受けることをおすすめします。

特に内科的な疾患をおもちのかたは必ず医師に相談してくださいね。

テニス、卓球、ゴルフ、水泳などもメタボリックシンドロームに対して効果があるといえますが、長期間行うことが大切なことですから、長く続けられるスポーツを選ぶようにします。

長く続けるコツ、それは好きなことを無理せずやることです。

運動中は新陳代謝が高まるので水分補給は必ずしてください。高脂血症や糖尿病などで血液がドロドロの方は運動によってはさらに増す危険があります。運動の前・中・後は必ず水分補給をしてくださいね。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。